二人の愛の象徴です|首を長くして待っているかも|婚約指輪を届けるなら

首を長くして待っているかも|婚約指輪を届けるなら

二人の愛の象徴です

手

指にはめてデザインを確認

結婚を誓い合う際に交換する結婚指輪はまさに二人の愛の象徴です。価格やデザインなどは納得のいく指輪を大阪で選びたいものです。基本的に結婚指輪は男性も身に着けるものですから、特にデザイン選びは二人でよく話し合って決めましょう。見た目と実際に指に着けた時とではイメージが異なることが多いので、大阪で気に入ったデザインが見つかったら必ず現物を実際に指に着けてみてください。材質は錆びにくいプラチナや金で、飽きの来ないシンプルなデザインを、サイズ違いで選ぶ人が多いです。また、日常生活において邪魔にならないデザインにすることも大事です。指輪は既製品を利用するのが主流ですが、オーダーを希望する場合はショップで相談してみましょう。

お互いに贈り合う

大阪で結婚指輪を注文する場合は、イニシャルや結婚年月日などを刻印するため、指輪を受け取るまでの期間を2週間ほど見ておく必要があります。直前になって慌てないように、余裕をもって結婚式の1カ月前までには注文しておきましょう。サイズは左手の薬指に合わせます。婚約指輪は着ける機会があまり多くない上に高額なものなので、最近は結婚指輪と婚約指輪を分けず両方に使えるデザインをオーダーするカップルが増えています。また、大阪などでは母親が使っていない指輪からダイヤモンドなどの宝石を抜き取ってリフォームする人もいます。結婚指輪は挙式の時お互いの指にはめるものです。費用は相手の分は自分が支払うと考え半分ずつにしましょう。